保管PCB廃棄物のPCBsおよびダイオキシン類 Chemical Characterization of PCBs and Dioxins in the Waste PCB Stockpiles

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

使用履歴や種類の異なる保管中のポリ塩化ビフェニル (PCBs) 廃棄物28試料を対象として, PCBs異性体および, コプラナーPCBs (Co-PCBs) , ポリ塩化ジベンゾーp-ジオキシン (PCDDs) , ポリ塩化ジベンゾフラン (PCDFs) の高分解能質量分析を行った。そして, 未使用のカネクロール製品27試料との比較により, PCBsやダイオキシン類の化学組成の変化とその変動幅, PCBsの変性の有無等を調査した。同族体組成や異性体組成では, ほとんどの試料で製品PCBと類似性があったが, 安定器充填材では低塩化ビフェニルの割合が増えているものがあった。ダイオキシン類はほとんどをCo-PCBsが占めており, PCDDs/DFsは約1/10, 000程度しかなかった。ダイオキシン類の毒性等量については, いずれも相当するカネクロール製品の濃度傾向と同様, カネクロール500や1, 000の毒性等量濃度が高い傾向を示した。カネミ油症事件での熱媒体利用過程において報告されたPCBsの変性として, PCBs総量に占めるPCDFsの割合, 毒性等量 (TEQ) 総量に占めるPCDFsと個別異性体の割合について注目した。各試料を相当する製品PCBと比較した結果から, いずれの試料もPCDFs総量およびTEQの割合, 2, 3, 4, 7, 8-PeCDF, 1, 2, 3, 4, 7, 8-HxCDFの増加もなく, 使用中に特段の変性は起きていないと考えられた。

PCBs, PCDDs, PCDFs, and coplanar PCBs in the waste PCB stockpiles were comprehensively, quantitatively, and congener-specifically analyzed by HRGC/HRMS, and compared to technical PCB such as Kanechlors. Composition of homologues and congeners of PCBs in the waste PCB stockpiles was almost similar to that of Kanechlors, although the ratio of low chlorinated homologues was increased in some fillers of the stabilizer for fluorescent lamp. Coplanar PCBs were dominant in the total of PCDDs/DFs and Co-PCBs, whereas PCDDs and PCDFs were only about 1/10, 000. As for the 2, 3, 7, 8-TCDD toxicity equivalent (TEQ), waste PCB stockpiles have a similar trend with the corresponding kinds of Kanechlor preparations.<BR>We focused the denaturation points of PCBs occurred in the process of using heating medium reported in Yusho accident, which had shown the increase in the ratio of PCDFs to total PCBs, the percentages of TEQ of PCDFs to total TEQ, and the percentages of TEQ of 2, 3, 4, 7, 8-PeCDF and 1, 2, 3, 4, 7, 8-HxCDF to total TEQ. Those points in the waste PCB stockpiles were compared to Kanechlor preparations and it revealed that the denaturation of PCBs did not occur after having used PCBs as transformer oil, capacitor oil and heat transformer medium.

収録刊行物

  • 環境化学 : journal of environmental chemistry

    環境化学 : journal of environmental chemistry 14(3), 501-518, 2004-09-22

    一般社団法人 日本環境化学会

参考文献:  30件中 1-30件 を表示

被引用文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013591663
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10547099
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09172408
  • NDL 記事登録ID
    7098213
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学) // ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-2322
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ