リノール酸ヒドロペルオキシドとペルオキシダーゼによるビスフェノールAの分解 Degradation of Bisphenol A by Peroxidase with Linoleic Acid Hydroperoxide

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

従来の酸化開始剤である過酸化水素の代わりにリノール酸ヒドロペルオキシド (LAHPO) を用いて西洋わさびペルキシダーゼ (HRP) によるビスフェノールA (BPA) の酸化分解を行った。その結果, BPAを, LAHPOとともにHRPと40℃で1時間インキュベー一トすることにより, 約98%のBPAが分解された。本反応生成物は過酸化水素を用いた場合と同様に大部分が高分子の重合物であったが, 4-isopropenylphenolがわずかに生成した。また, BPAの酵素反応生成物のエストロゲン様活性をヒト乳癌細胞MCF-7を用いて調べたところ, 活性が消失することを認めた。以上より, LAHPOはHRPによるBPAの分解において有効な酸化開始剤となることが認められ, BPAの除去に本酵素反応を応用できる可能性が示唆された。

We tried to oxidatively degrade bisphenol A (BPA) by horseradish (<I>Armoracia rusticana</I>) peroxidase (HRP) with linoleic acid hydroperoxide (LAHPO) instead of hydrogen peroxide. In the presence of HRP and LAHPO, 98% of BPA was degraded after 1h at 40°C. The major oxidation products of BPA were high molecular weight of polymers, while a few 4-isopropenylphenol was produced. When the estrogen-like activity of oxidized BPA was examined by the method using the estrogen-dependent human breast cancer cell (MCF-7), no such activity was observed. It was suggested that LAHPO was an effective oxidant for BPA oxidation by HRP and that HRP and LAHPO could be useful for inactivation of endocrinedisrupting BPA contaminated in food and feeds.

収録刊行物

  • 環境化学 : journal of environmental chemistry

    環境化学 : journal of environmental chemistry 14(3), 567-573, 2004-09-22

    一般社団法人 日本環境化学会

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013591805
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10547099
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09172408
  • NDL 記事登録ID
    7098264
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学) // ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-2322
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ