有機性廃棄物を主原料とする堆肥抽出物の変異原性 Mutagenicity of Extracts from Composts of Organic Wastes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

全国9つの堆肥化施設を対象とした調査を行い, 原料である有機性廃棄物と堆肥化製品の変異原性を把握した。<BR>有機性廃棄物や堆肥化製品を対象とした抽出法は, 超音波抽出法よりもソックスレー抽出法の方が高い抽出力を示す傾向があること, 試料中にある多様な有機物質に対応する為には, 極性の異なる2種以上の溶媒 (例えば, メタノール, <I>n</I>-ヘキサンなど) を用いた抽出を行う必要があること, Ames試験により変異原性を検索する場合, TA98菌株に代表されるフレームシフト型変異を検出する菌株を含めた試験を行う必要があることなどが明らかとなった。同一施設に対する変異原性試験調査から, 調査時期により異なる変異原性結果が得られた。

In this study, nine compost plants were surveyed with Ames test for mutagenicity of their raw organic wastes and compost products. The pre-incubation method was used for estimating mutagenicity using <I>Salmonella typhimuyium</I> strains TA98 and TA100 with and without S9mix. Extraction efficiency of the Soxhlet method was higher than sonication extraction for both raw organic wastes and compost products. It was also found that two or more extraction solvents with differing polarities (i.e. methanol and <I>n</I>-hexane) are necessary for extracting more diverse organic compounds. The results of the Ames test indicated that mutagenicity experiments should be conducted with frame shift type strain like TA98, at least. Furthermore, it was observed that mutagenicity levels varied with samplings at different seasons, indicating the necessity of seasonal surveys.

収録刊行物

  • 環境化学 : journal of environmental chemistry

    環境化学 : journal of environmental chemistry 14(3), 605-611, 2004-09-22

    Japan Society for Environmental Chemistry

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013591874
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10547099
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09172408
  • NDL 記事登録ID
    7098314
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学) // ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-2322
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ