保育施設における食物アレルギー児に対する食物除去の実態 : 富山県における調査結果 FOOD ELIMINATION FOR YOUNGER CHILDREN WITH FOOD ALLEGY AT KINDERGARTENS IN TOYAMA PRFECTURE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

わが国の乳幼児における食物アレルギーの頻度は約10%とされる. 一方, 女性の社会進出や核家族化などによって子供が乳幼児期から保育施設に預けられる傾向が強まり, その結果として保育施設で食物除去を行う機会が増加してきていると考えられる. その実態調査を目的に, 富山県内465保育施設にアンケートを依頼した. 有効回答の得られた325施設中, 229施設 (70.5%) で342名 (総園児数27668名中, 1.24%) に対して食物除去が実施されていた. 食物除去は「保護者からの依頼」と「保護者を通した医師の口頭指示」によることが多く, 診断書によるものは19.9%であった. 食物除去実施中の除去食物摂取は, 誤食が全体の30.0%の児で認められ, 3.3%は保護者からの指示で投与された. そのうちの10.1%に全身症状を認めたが, 誤食時の指示を受けていない者が71.3%であった. 以上より, 保育施設では食物除去を日常的に行っているが, 誤食も稀ではないことが明らかになった. 以上より, 食物アレルギーの診断, 食物除去の実施, 誤食時の対処についてのガイドラインが必要と考える.

In Japan, approximately 10% of children have food allergy, and most of them are younger ones who might go to kindergartens. To evaluate how allergenic foods are avoided in kindergartens, we mailed a questionnaire to all 465 kindergartens in Toyama Prefecture. Complete data were available in 352 kindergartens. Food elimination has been undertaken in 70.5% kindergartens for 1.24% of the children. Most of the orders were obtained from their parents, and only 19.9% orders were from written protocols by physicians. Accidental allergenic food intake had occurred in 33.3% of the children, and 10.1% of them developed systemic symptoms. Food elimination for children with food allergy is undertaken routinely in kindergartens without a written protocol for food avoidance and treatment. There appears to be a need for a guideline of elimination diet in kindergartens.

収録刊行物

  • 日本小児アレルギー学会誌 = The Japanese journal of pediatric allergy and clinical immunology

    日本小児アレルギー学会誌 = The Japanese journal of pediatric allergy and clinical immunology 18(1), 100-107, 2004-03-01

    日本小児アレルギー学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013594726
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10064415
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09142649
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ