コミュニケーション・アシスト Communication Assist

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

障害者解放運動は,リハビリには否定的であった.リハビリが,強制的に「機能回復訓練」を行い障害の軽減を図ろうとしていた,つまり障害を否定していたからである.しかし,現在は身体の機能の「維持」を図るという考え方に変わってきており,筆者自身のリハビリへの考え方も変化してきた.言語訓練,コミュニケーションについても同様である.コミュニケーションがとれなければ困る状況が多い.コミュニケーション・アシストの活動を広げ,言語障害をもつ障害者が地域で豊かな生活が送れるよう取り組む必要がある.

The movement which freed disabled persons had negative ideas about rehabilitation, because rehabilitation compulsorily carried out functional recovery training and attempted to reduce disabilities. In short, the disability itself was denied. Recently, however, there has been a change in approach, which focuses on maintaining the body function. The same approach is adopted for language training and communication. Even though it is still difficult to communicate effectively, and I for example am often in trouble, the Communication Assist is useful in communication situations. I hope for the expansion of such activities.

収録刊行物

  • コミュニケーション障害学

    コミュニケーション障害学 21(2), 137-138, 2004-08-25

    日本コミュニケーション障害学会

各種コード

ページトップへ