自立支援に向けたネットワーク作り : 介護支援専門員の立場から Networking to Support the Aged and Disabled for their Useful Lives : A Report from the Viewpoint of a Care Manager

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

介護支援専門員と言語聴覚士は近くて遠い職種である.ケアプランの中に,コミュニケーションや嚥下の問題が適切に位置づけられていない現実があるので,介護支援専門員の研修プログラムの中で,その問題を取り上げ,意識を高めるよう努めている.介護支援専門員と言語聴覚士は相互の認識を高めていくことが望まれる.介護保険には,言語聴覚士が関わるべき領域がすでに存在していることを理解してほしい.また,専門職の間には職種の壁がある.当事者のニーズに応えようとする際に,専門職のプライドが妨げとなっていないか,その反省のもとに当事者本位の支援システムを作っていく必要がある.専門職である前にひとりの人間としての関係を作っていくことから,ネットワーク作りを行っていきたいと思う.

Although nursing support staff and speech-language therapists (ST) are working in close areas, each has a quite different job. The problems of communication and swallowing have not been appropriately positioned in actual care plans, so all staff should be made aware of these problems in the training programs. It is desirable that nursing support staff and STs raise mutual recognition and understanding. Within the nursing care insurance, there is a field, which covers communication and swallowing, for which STs should perform their role. The professional barrier existing between the nursing support staff and the STs should be broken down so that the support system of the users is made to respond to the requirement of the users. It is hoped that the needs of the aged and disabled can be prioritized in the cooperation between the two professional groups.

収録刊行物

  • コミュニケーション障害学

    コミュニケーション障害学 21(2), 143-145, 2004-08-25

    日本コミュニケーション障害学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013596674
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11835698
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13478451
  • NDL 記事登録ID
    7088190
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1914
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ