コミュニケーション・アシスト・ネットワーク Communication Assist Network

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

言語聴覚士を中心とし,障害当事者や関連職種とともにコミュニケーション・アシスト・ネットワーク(以下CAN)という活動体を作った.CANの目的は言語や聴覚に障害がある人の基本的人権を擁護し,社会参加を支援することである.目的に賛同する人なら誰でも会員になれる.組織は特定非営利活動法人として登記し,活動の継続性を図った.活動としては関連職種への言語障害セミナーや,市民への人権擁護シンポジウム,調査研究,出版等を行っている.CANの活動を通して言語聴覚士の職能を再考すると,施設内での訓練とは別にもう1つの職能が浮かんでくる.すなわち社会に参加するにあたってのコミュニケーション介助であり,人権擁護である.言語障害の人は自分たちの意思を主張すること自体に不利があるので,必要な支援を組み立てる必要がある.それができるのは言語聴覚士であると考える.

A Communication Assist Network (CAN) has been formed. The purpose of the network is twofold. First, CAN promotes the human rights of language and/or hearing handicapped persons. Second, it assists with the participation of these persons in society. CAN is a non-profit organization (NPO) and is open to anybody who adheres to these two objectives. CAN holds seminars for job related people, and advocacy symposiums for citizens. CAN also does research and produces publications. Conventionally the work of speech therapist has only been thought of as training the communication handicapped persons in various facilities. CAN recognizes an additional vocation for speech therapists in these two objectives.

収録刊行物

  • コミュニケーション障害学

    コミュニケーション障害学 21(2), 146-149, 2004-08-25

    Japanese Association of Communication Disorders

参考文献:  1件中 1-1件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013596675
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11835698
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13478451
  • NDL 記事登録ID
    7088198
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-1914
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ