横浜市医師会員並びに大学医学部付属病院診療科におけるハンセン病患者の診療に関するアンケート結果 Summary of Questionnaires on Leprosy in Yokohama City Area and University Hospitals

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 石井 則久 ISHII Norihisa
    • 国立感染症研究所ハンセン病研究センター生体防御部 Department of Bioregulation, Leprosy Research Center, National Institute of Infectious Diseases
    • 森 修一 MORI Shuichi
    • 福島県立医科大学医学部微生物学講座 Department of Microbiology, School of Medicine, Fukushima Medical University

抄録

今回、ハンセン病の外来診療に対する医療機関の意識を知るために、一般医療機関(横浜市医師会員)および大学病院診療科でのハンセン病診療の実態をアンケートで検討した。<BR>横浜市医師会のアンケートでは、回復者がクリニックを受診する場合、医師は「ハンセン病」を診療するための知識に乏しく、他院へ紹介することが多く、地域に根ざしたハンセン病医療はなかなか根付かないのが実情で、クリニックの医師にはハンセン病に対する医療面、社会面についての教育、啓発が必要と考えられた。<BR>一方、大学病院では、クリニックに比べると診療経験が多く、特に皮膚科で多かった。また、外来診療、入院診療に対しても積極的であった。また、ハンセン病の診断については、知識が不十分である場合でも、種々の方法で情報を入手し、治療をする意欲も窺えた。従って、ハンセン病に関する啓発や、知識・情報の入手法などを広報し、さらに診療の援助・相談のサポートも必要と考えられた。

We sent a questionnaire to members of Yokohama Medical Association and Departments of University Hospital to get an overview of leprosy patients in the clinic. <BR>Yokohama Medical Association: The rate of collection was approximately 47%. Few doctors have taken medical care of Leprosy patients. Half of the doctors will take medical care, but they have little information about Leprosy. Aged doctors do not take medical care compared with young doctors. <BR>Departments of University Hospital: The rate of collection was approximately 74%. Doctors in the University Hospitals do not hesitate to take medical care of leprosy patients. Dermatologists actively take medical care and have a chance of getting information about leprosy. <BR>It is necessary to give doctors information about leprosy and its history of stigma.

収録刊行物

  • 日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy

    日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy 73(3), 207-215, 2004-09-30

    Japanese Leprosy Association

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013599486
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10559906
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13423681
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ