口蓋再延長術後の経過 Clinical Results of Re-pushback Procedure as the Secondary Surgery for Cleft Palate

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 藤原 百合 FUJIWARA Yuri
    • 大阪府済生会中津病院形成外科 口蓋裂センター The Division of Plastic & Reconstructive Surgery, Saiseikai Nakatsu Hospital
    • 平本 道昭 HIRAMOTO Michiaki
    • 大阪府済生会中津病院形成外科 口蓋裂センター The Division of Plastic & Reconstructive Surgery, Saiseikai Nakatsu Hospital
    • 三浦 隆男 MIURA Takao
    • 大阪府済生会中津病院形成外科 口蓋裂センター The Division of Plastic & Reconstructive Surgery, Saiseikai Nakatsu Hospital
    • 前田 健志 MAEDA Takeshi
    • 大阪府済生会中津病院形成外科 口蓋裂センター The Division of Plastic & Reconstructive Surgery, Saiseikai Nakatsu Hospital

抄録

口蓋裂二次手術として口蓋再延長術を施行し術後の経過を比較的長期間観察できた症例19例について,術後のスピーチおよび鼻咽腔閉鎖機瀧の変化と,セファログラムによって計測した軟口蓋の長さと軟口蓋~咽頭後壁問距離の変化を分析し,次の結果を得た.<BR>1.開鼻声を「なし」「あり」「重度にあり」の3段階評価したところ,術前「あり」であった8例は全例「なし」に,「重度にあり」であった11例中7例が「なし」に,4例が「あり」に改善した.<BR>2.鼻咽腔閉鎖機能は,術前「軽度不全」であった9例全例が「良好」となり,「不全」であった10例中,6例は「良好」に,2例は「軽度不全」に改善した.残る2例で「不全」が継続している.<BR>3.軟口蓋長(PMF-U)と軟口蓋~咽頭後壁問距離(PMF-PPW)の比の値(PMF-U/PMF-PPW)は,術前後のセファログラムの計測が可能であった10例中8例で上昇し,2例で低下した.低下した2例は再延長術後痩孔を生じた症例であった.<BR>4.軟口蓋の実測値は術後0.7~0.9cm延長し,その後も成長に伴って伸びる傾向があったが,術後旗孔を生じた症例では延長効果がなかった.<BR>以上のことから,口蓋再延長術による軟口蓋の延長効果は術後の痩孔の有無に影響を受けることがわかった.しかし,挙筋索の形成を同時に行うことにより,軟口蓋の運動性は改善されるので,鼻咽腔閉鎖機能の改善という面では,咽頭弁形成術に劣らない結果が得られた.

Nineteen patients with cleft palate, with or without cleft lip, who received re-pushback surgery for chronic velo-pharyngeal dysfunction were examined for speech production, velopharyngealf unction and cephalometricf indings. Of the 19 subjects,15 (79%)gained normal resonation and 14 (74%) showed normal or nearnormal speech. Fifteen (79%)gained sufficient velopharyngeal function and 2 (11%) showed moderate velopharyngeal function. Of the 10 subjects whose pre- and postoperative cephalograms were available, the ratio between velum length (PMF-U) and velopharyngeal distance (PMF-PPW) was increased in 8 (80%) and decreased in 2 (20%). In the latter 2 subjects, palatal fistula was developed after operation. In case of the patients without fistula, the velum was extended 0.7-0.9cm postoperatively and tended to lengthen with growth.

収録刊行物

  • 日本口蓋裂学会雑誌

    日本口蓋裂学会雑誌 24(3), 322-328, 1999-10-31

    一般社団法人 日本口蓋裂学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

ページトップへ