蛇紋岩地すべりに対する鉱物学的一考察 Mineralogical Consideraion on the Landslides in Serpentinite Belt

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

蛇紋岩地帯では地質境界部で多くの地すべりが発生している。本論文では, この理由を蛇紋岩の生成過程にまで遡って鉱物学的に検討している。具体的には, 顕微鏡観察, X線回析, 蛍光X線分析により蛇紋岩の鉱物学的特性を調べ, また, 文献調査に基づく検討を行っている。それらの結果, 蛇紋岩の特性は蛇紋岩と磁鉄鉱それとブルサイトが共存しているところにあり, 風化に弱く細粒化しやすいが, すべり面と成り得る小さなせん断抵抗角を持つ粘土鉱物は生成されない。蛇紋岩体に隣り合って, 緑泥石層などが形成されやすく, これらはすべり面と成り得る粘土鉱物を生成しやすい。したがって, 蛇紋岩体との境界部で多くの地すべりが発生しやすいと結論できる。

Many landslides have occured at the serpentinite belt. Mineralogical characteristics of the serpentinite related to the landslides are investigated. The observation by a light microscope and X-ray analysis were carried out. The serpentinite involved a serpentine, brucite and magnetite. The brucite is easily subject to the chemical weathering. As the serpentinite is very fragile, the slope failure occurs easily. The magnetite is stable to the chemical weathering and the serpentine don't change into the clay minerals. So the gentle slope in the serpentinite belt don't slide. Many landslides have occured at the edge of the serpentinite belto.

収録刊行物

  • 地すべり

    地すべり 35(3), 15-23, 1998-12-15

    The Japan Landslide Society

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013624805
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00332562
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852926
  • NDL 記事登録ID
    6354080
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-405
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ