周年マルチ点滴灌水同時施肥法で栽培されたウンシュウミカンにおける細根の割合と呼吸活性 Fibrous root generation and its respiratory activity of satsuma mandarin trees cultured by drip irrigation and liquid fertilization system with year-round plastic mulching

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 森永 邦久 MORINAGA Kunihisa
    • 近畿中国四国農業研究センター 総合研究部 総合研究第2チーム National Agricultural Research Center for Western Region
    • 島崎 昌彦 MURAMATSU Noboru
    • 近畿中国四国農業研究センター 総合研究部 総合研究第2チーム National Agricultural Research Center for Western Region
    • 星 典宏 SHIMAZAKI Masahiko
    • 近畿中国四国農業研究センター 総合研究部 総合研究第2チーム National Agricultural Research Center for Western Region

抄録

筆者らが最近開発したウンシュウミカンの周年マルチ点滴灌水同時施肥法 (マルドリ法と略称) では, 根域は年間を通して透湿性マルチ下に置かれ, 点滴チューブを用いて灌水施肥管理が行われる. 本試験においては, このようなウンシュウミカンの慣行栽培とは大きく異なる地下部環境が細根に与える影響について, いくつかの知見を得た. マルドリ法で3年間栽培されたウンシュウミカンにおける点滴孔直下では白い細根が密生しており, それらの細根径は慣行栽培樹ならびにマルドリ栽培樹の点滴孔から離れた位置における細根径よりも細いものであった. また, 点滴孔直下の細根の呼吸活性は慣行栽培樹の細根よりも高いことが明らかとなるとともに, マルドリ栽培樹の点滴孔から離れた位置の細根の呼吸活性も慣行栽培樹の根と比較して有意に高いものであった. これらの結果から, マルドリ栽培3年目のウンシュウミカンの細根は慣行栽培以上に健全であり, 呼吸活性の高い細い細根が増えることからマルドリ法が樹勢の維持に寄与するものと考えられる.

In satsuma mandarin cultivation, drip irrigation and liquid fertilization system with year-round plastic mulching (DLYM) contributes to high quality and stable fruit production with labor saving for grower. Here we report the influence of such novel cultivation method which is different from the conventional method greatly on satsuma mandarin roots. In satsuma mandarin trees cultivated by DLYM for 3 years, white fibrous roots grew just under the dripping orifice. The diameter of fibrous roots grown just under the dripping orifice was thinner than that grown apart from the dripping orifice in DLYM and that grown by conventional method. The respiratory activity of fibrous roots grown just under the dripping orifice was apparently active compared with that grown by conventional method. Furthermore, the fibrous roots grown apart from the dripping orifice in DLYM had also higher respiratory activity. These results suggested that the root zone cultivated by DLYM is better in its morphology and activity than that by conventional method, DLYM would contribute to the maintenance of tree vigor and the stable fruit production in satsuma mandarin.

収録刊行物

  • 根の研究 = Root research

    根の研究 = Root research 13(3), 111-115, 2004-09-29

    Japanese Society for Root Research

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013653512
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11272904
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09192182
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ