秋田県鶴潟沼に生息するヌカエビの成長に伴う額角歯の増加 Increase of Rostral Teeth with Development of a Freshwater Shrimp, Paratya compressa improvisa in the Tsurugata Marsh, Akita Prefecture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

秋田県鶴潟沼に生息するヌカエビの額角歯相の成長に伴う変化を調べて、その数が完成する大きさを明らかにした。上縁歯は第6ゾエア期で1本を生じ、下縁では第8ゾエア期で1本を生じた。体長12mmに達すると雌雄の判別が可能になったが、上縁、下縁の歯数は共に雌雄で差がなかった。この時、上下縁にはそれぞれ平均で10.0本と2.3本の歯を有していた。13mmになると下縁歯は2.4本となり、抱卵個体が有する数と同じになったが、上縁歯は未完成であった。15mmに達すると、上縁歯も平均10.5本となり完成した。よって、ヌカエビの額角歯相は体長15mmで完成するから、歯数を調査する場合、この大きさ以上の個体だけを用いる必要がある。

収録刊行物

  • 水産増殖

    水産増殖 52(3), 259-264, 2004-09-20

    水産増殖談話会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013653738
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00124667
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03714217
  • NDL 記事登録ID
    7115794
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-761
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ