山口県内の飼猫からのバルトネラ属菌の分離と分離株の分子疫学的解析 Isolation and Characterization of Bartonella spp. from Domestic Cats in Yamaguchi Prefecture, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

山口県内の飼猫の血液中におけるバルトネラ属菌の保菌状況を調査したところ、その15.8%(6/38)からバルトネラ属菌が分離された。菌が分離された6頭のうち、4頭はBaronella henselae、1頭はB. clarridgeiae、また1頭はB. henselaeとB. clarridgeiaeの2菌種に混合感染していた。分離されたB. henselaeの5株の16S rRNA遺伝子型はすべてI型であった。また、流行する菌株のゲノムパターンをパルスフィールドゲル電気泳動法により解析したところ、B. clarridgeiaeの2株は同じパターンであったが、B. henselaeにおいては多様なゲノムの菌が分布していることが明らかとなった。

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 57(10), 663-666, 2004-10-20

    日本獸医師会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013655275
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    7121622
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ