囲い養殖法により養殖されたトラフグの毒性 Toxicity of Puffer Fish Cultured in Netcages

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1990年から2003年にかけて,日本各地の囲い養殖(網生簀養殖,陸上養殖)場から養殖トラフグ計4,515尾を採取し,肝臓,ならびに一部の個体については筋肉,皮,内臓,生殖巣などの毒性を調査した.食品衛生検査指針・理化学編のフグ毒検査法に準じてマウス毒性試験を行ったところ,いずれの検体からも全く毒性は検出されなかった.また,一部の肝臓につき,フグ毒(tetrodotoxin, TTX)〔(M+H)<sup>+</sup>=<i>m/z</i> 320〕を対象として液体クロマトグラフィー質量分析(LC/MS)を行ったが,いずれの個体からもTTXは検出されなかった(0.1 MU/g未満).この結果,囲い養殖で無毒の餌を用いて飼育された養殖トラフグは無毒であることがわかった.

During 1990 to 2003, the toxicity of the liver in 4,515 specimens of the puffer fish <i>Takifugu rubripes</i> (torafugu) cultured in netcages or on land were investigated by means of mouse bioassay and liquid chromatography-mass spectrometry (LC/MS). Other tissues (skin, muscles, gonads, etc.) were also investigated in some of them. All the livers and other parts examined were found to be non-toxic. The peak corresponding to tetrodotoxin (TTX) was not detected in the samples by LC/MS analysis for TTX (<0.1 MU/g). These results show that puffer fish fed on a non-toxic diet in netcages do not become intoxicated.

収録刊行物

  • 食品衛生学雑誌 = Journal of the Food Hygienics Society of Japan

    食品衛生学雑誌 = Journal of the Food Hygienics Society of Japan 45(3), 146-149, 2004-06-25

    [日本食品衛生学会]

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013655593
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00117741
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00156426
  • NDL 記事登録ID
    7020046
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-364
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ