木材に含まれる天然放射性核種と放射性セシウム Natural Radionuclides and Radiocaesium Contained in Wood

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

エジプト産木材及び輸入木材試料中の天然放射性元素 (<SUP>226</SUP>Ra, <SUP>232</SUP>Th及び<SUP>40</SUP>K) 及び人工放射性元素 (<SUP>137</SUP>Cs) の放射能を最近数年間にわたって調査した。7種の国産木材と4種の輸入木材を測定した。国産と輸入木材の両方に含まれる天然放射性核種の放射能は同程度であった。チェルノブイリ事故による森林地域の汚染の影響は, 欧州各国のみならずエジプトのような木材を生産しない国々にも認められなかった。沈着したフォールアウト核種の一部は木材中に取り込まれていた。国産及び輸入木材中の平均<SUP>137</SUP>Cs放射能レベルは, それぞれ乾燥重量で0.16及び2.75 Bq/kgであった。本研究の結果は木材を輸入する他の多くの国々に対しても重要である。

<I>The activity concentrations of natural</I> (<SUP>226</SUP>Ra, <SUP>232</SUP>Th <I>and</I> <SUP>40</SUP>K) <I>and anthropogenic</I> (<SUP>137</SUP>Cs) <I>radioactive elements in local and imported wood samples have been investigated during the last few years. Seven local and four imported wood types were measured. The activities of the natural isotopes in both local and imported wood samples were comparable. The Chernobyl accident didn't only affect European countries through contamination of the forested areas but also non-wood producing countries like Egypt. A fraction of the deposited fallout radionuclides has become incorporated into wood. Most of the imported samples (-83%) showed measurable concentration of</I> <SUP>137</SUP>Cs. <I>The average</I> <SUP>137</SUP>Cs <I>activity levels in local and imported wood were 0.16 and 2.75</I> Bq/kg <I>dry weight, respectively. The result of this study has its importance to many other woodimporting countries.</I>

収録刊行物

  • Radioisotopes

    Radioisotopes 53(10), 507-515, 2004-10-15

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  36件中 1-36件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013665186
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    7119559
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ