排水性舗装によるタイヤトレッド溝内の気柱共鳴の低減 Reduction of Pipe Resonances in Tire Tread Grooves on Drainage Asphalt Pavement

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

自動車が高速で定常走行している際の走行騒音は, タイヤ/路面騒音が支配的であり, したがって, タイヤ/路面騒音の低減は道路交通騒音の低減にとって重要である。タイヤ/路面騒音は排水性舗装により顕著に低減されることがよく知られている。これは発生騒音自体の低減と路面の吸音効果の両方によるものと考えられている。本研究の目的は, タイヤのトレッド溝内で発生する気柱共鳴が排水性舗装によって低減されることを示すことである。2種類の路面, すなわち密粒アスファルトコンクリート舗装と排水性舗装において, 実走行状態におけるトレッド溝内の圧力変動を測定した。その結果, 気柱共鳴が排水性舗装によって明確に低減されることが観察された。さらに, トレッド溝内の気柱共鳴について詳細に調べるため, BEM を用いて気柱共鳴の発生周波数を計算した。その結果, 共鳴周波数の計算には, 接地端の形状が重要であることが示された。

Since tire/road noise is dominant when a vehicle is traveling at a high constant speed, its reduction is important for the abatement of road traffic noise. It is well known that tire/road noise is obviously reduced by drainage asphalt pavement. It is considered that the reduction is due to the combination of the abatement of generated noise itself and the sound absorption of the road surface. The purpose of this study is to demonstrate that the pipe resonance in tread grooves is reduced on drainage asphalt pavement. The pressure fluctuation in tread groove under actual rolling condition was measured on two types of road surfaces, dense asphalt concrete pavement and drainage pavement. As a result, it was observed that the pipe resonance in tread groove is obviously reduced on drainage pavement. In addition, to examine the pipe resonance in tread groove in detail, the resonant frequency was calculated using BEM. As a result, it was shown that the shapes of the contact edges are important for calculating resonant frequency.

収録刊行物

  • 騒音制御 = JOURNAL OF INCE/J

    騒音制御 = JOURNAL OF INCE/J 28(5), 361-366, 2004-10-01

    社団法人 日本騒音制御工学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013666548
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00361298
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03868761
  • NDL 記事登録ID
    7112541
  • NDL 雑誌分類
    ZM17(科学技術--科学技術一般--力学・応用力学) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-720
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ