メサラジンにより腸炎の急性増悪に類似した副作用を呈した潰瘍性大腸炎の1例 A case of the ulcerative colitis that showed a similar side effect in acute aggravation of colitis by Mesalazine

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は41歳, 男性. 潰瘍性大腸炎 (UC) 再燃の診断でメサラジン初回投与後, 発熱・粘血便が増悪し入院. ベタメタゾン注腸に変更後は速やかに緩解導入されたが, 再投与により再燃した. 内視鏡所見では明確な再燃所見は認めず臨床像と乖離を示した. 薬剤リンパ球刺激試験より症状増悪はメサラジンのアレルギーによる副作用と判明した. UCの治療困難例ではメサラジンの副作用の可能性も考慮させる示唆に富む症例と考え報告する.

収録刊行物

  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology

    日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 101(9), 989-992, 2004-09-05

    一般財団法人 日本消化器病学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013672363
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192124
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04466586
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ