不整形街路網地区における歩行者の経路選択行動に関する研究 ANALYSIS ON PEDESTRIAN ROUTE CHOICE BEHAVIOR IN NON-GRID TYPE STREET NETWORKS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

安全で快適な歩行者空間に対する関心が特に高まっている今日, 歩行者空間を効果的に整備し管理運用するためには, 歩行者の経路選択行動に関する特性把握が一層重要となっている. 従来, 歩行者の経路選択行動に関する定量分析の多くは格子状街路網地区に限定されていた. そこで, 本研究では不整形な街路網を対象とし, 不整形な街路網における歩行者の空間的定位の表現方法を新たに提案し, これに基づいて歩行者の経路選択行動モデルを構築するとともに, 歩行者の経路選択行動に関する基本原則を明らかにした.

Increasing concern about safe and comfortable pedestrian spaces makes analyses on pedestrian route choice behavior more important to construct and manage them. Since so far most of quantitative studies in relation to pedestrian route choice behavior were conducted in grid type street networks, this study focuses on non-grid type street networks. Based on the newly developed index of spatial relationship between the pedestrian's current location and the destination, this study develops a pedestrian route choice model, which makes it possible to clarify characteristics of pedestrian route choice behavior in non-grid type street networks.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (779), 45-52, 2005-01-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013712269
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7228825
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ