出発時刻選択問題の均衡状態に関する数理的分析 MATHEMATICAL ANALYSIS OF EQUILIBRIUM IN DEPARTURE TIME CHOICE PROBLEMS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

出発時刻選択問題における動的な均衡状態の導出方法, 均衡状態と最適状態の関連, 均衡状態の存在についての定理とそれらの関連を示す. 出発時刻選択問題は道路における渋滞を費用最小化原理と均衡状態を前提として理論的に解析するための枠組みであり, これまでいくつかの研究により解法が示されている. しかしこれらの研究では費用関数に強い制約が課せられていた. この研究では, 利用者の選択する経路上に存在するボトルネックが1つだけしかない場合において, 費用関数の前提条件を緩和した上で出発時刻選択問題の解法および均衡状態のもつ数理的な性質を示す定理を導出する.

This paper shows three theoretical characteristics of the departure time choice problems. Several theoretical studies related to departure time choice problems on the congested road networks have been done and some of them have shown the solution of equilibrium problems under some conditions of travelers' cost functions. This study shows a solution of the equilibrium without the conditions of cost functions, shows the general relationship between user-equilibrium state and system-optimized state, and derives the condition for the existence of the equilibrium.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (779), 105-118, 2005-01-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013712389
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7228879
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ