鋼床版箱桁橋のデッキプレート近傍に発生した疲労損傷の原因 CAUSE STUDY ON FATIGUE DAMAGE IN ORTHOTROPIC STEEL BRIDGE DECK

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年, 鋼床版箱桁橋において数多くの疲労損傷が報告されており, その原因究明および補修補強が急務となっている. これらの損傷は, 車両輪荷重の直接作用による板の複雑な挙動に起因すると考えられるが, そのメカニズムには不明な点が多い. 本研究では, 実際に疲労損傷が多く報告されている鋼床版箱桁橋を対象として, 溶接部周辺の板の変形挙動およびそれに伴う局部応力に着目し, 疲労損傷の発生メカニズムについて詳細に検討した. 本研究では実地測定結果と詳細なモデルを用いたFEM解析により亀裂のタイプごとに支配的となる板の変形挙動と応力の発生特性を明らかにした.

Many cases of fatigue damage on “the orthotropic steel deck structure with box girder” have been reported. There is a pressing need to identify the causes and to retrofit these bridges. This damage is caused by the complex behavior of the deck, which is directly subjected to vehicle loads. This paper discusses our investigation of the mechanism of fatigue damage that occurred in an orthotropic deck bridge. The investigation was performed by comparing field measurement results with the analytical results from a fine-meshed FEM model. We explain the characteristics of the stress and deformation behavior which dominate the fatigue damage on this type of bridge.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (780), 57-69, 2005-01-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013712550
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7236126
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ