耐候性鋼の腐食減耗予測モデルに関する研究 MATHEMATICAL MODELING TO PREDICT LONG-TERM CORROSION LOSS TO OCCUR ON WEATHERING STEELS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

耐候性鋼の超長期にわたる腐食減耗予測法について研究を行った. さび安定化概念にもとづく思想を体系的に展開し, 腐食速度パラメータを推定するアルゴリズムや数式モデルの立案, 地域気象情報のデータベース化, 簡易な飛来塩分量および硫黄酸化物量の推定法などを策定した. 複雑な計算過程を容易に操作できるよう, 内桁条件における腐食減耗予測シミュレーションソフトウェアも開発した. 前記の思想展開により, 設計にて考慮すべき予測腐食減耗量を見極めるための工学的指標群を初めて具体的かつ体系的に整理・提案し, 長期耐久性の実現に関わる数多な構成技術要素保障項目の関連性を明確にした. 今後の進化へ向けて検討すべき点を明らかにしつつ, 現在までの進捗内容を詳細に報告する.

A computational method to predict long-term corrosion loss to occur on weathering steel is studied. An algorism to obtain kinetic parameters to predict penetration curves for bare and surface treated weathering steels is outlined, based upon recently established <i>durable state</i> concept. The proposed computational scheme also contains a meteorological database, an air-born salt simulator, a sulfur oxides estimator, <i>etc.</i> The most important argument in this paper is in the clarification of various parameters which are related to the extent of future degradation to occur on weathering steel members. These parameters should be systematically shared among engineers to establish minimum maintenance durable steel structures. Expecting further development, the authors explain all contents of the presently established corrosion prediction system in details.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (780), 71-86, 2005-01-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  42件中 1-42件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013712569
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7236148
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ