MRダンパーに対するPID制御の適用と橋梁の地震応答制御に対する有効性 EFFECTIVENESS OF THE PID CONTROL TO MR DAMPERS ON THE SEMI ACTIVE CONTROL OF BRIDGES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年開発されたMRダンパーは, 内蔵されている磁気粘性流体を電気的に制御することによって, 少ないエネルギー供給で任意の減衰力を与えることが可能であり, これを用いたバリアブルダンパーの開発に注目が集まっている. バリアブルダンパーを用いる際には構造物の応答に応じた適切な減衰力を供給することが重要となるが, MRダンパーを用いると減衰力を制御するうえで時間的な遅れが生じることが確認されている. 本研究では, この時間遅れをできるだけ短くすることを目的として, PID制御を用いた新たなMRダンパー制御法を開発し, ダンパーの要素実験及び振動台実験を行うことによりこの制御法の有効性を検証した.

Response delay of MR fluid results in distortion of the control force of MR dampers. This results in problems when we use MR dampers as variable dampers. To mitigate the time delay of MR dampers, the PID Control was used. Overshoot termination control (OTC control) and 2-step PID Contol were proposed. A series of cyclic loading test for a Lord Corporation MR damper and a shaking table test of a model bridge with the MR damper were conducted to verify the effectiveness of the PID control. It was found that the PID control is effective to mitigate the time lag for friction control.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (780), 115-131, 2005-01-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013712642
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7236176
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ