鋼斜張橋ケーブルの疲労安全性と部材安全率に関する研究 SAFETY FACTOR AND FATIGUE DAMAGE OF CABLES FOR CABLE-STAYED BRIDGE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文は, 鋼斜張橋の合理的なケーブル安全率について, 疲労安全性の観点から考察を行うものである. 検討の対象としたのは, 3径間連続鋼斜張橋であり, 中央径間長, ケーブル安全率を変化させて試設計したモデルである. ケーブルの疲労については, 設計で考慮される引張応力の変動だけでなく, 定着部での2次曲げによる応力変動も考慮し, 実働活荷重を模擬したモンテカルロシミュレーションによって疲労損傷度を評価する. 鋼斜張橋のケーブルは, 2次曲げ応力を考慮した場合でも十分な疲労耐久性を有しており, 安全率を変更したことによる疲労安全性の低下が小さいことを明らかとし, 安全率の設定方法について考察を行う.

The cable safety factor for cable-supported bridges in Japan is higher for other bridge members. The main reason is that the reliability of cable fatigue damage is not clear. We pay attention to cable fatigue damage due to live loadings, and investigate the relationship between cable fatigue damage and the safety factor of stay cables. We tentatively designed three-span continuous steel cable-stayed bridges by changing the cable safety factor and the center span length. The fatigue damage to the stay cables caused by random traffic flows was evaluated by Monte Carlo simulation. We arrived at the conclusion that the possibility of reduction of the cable safety factor is suggested in viewpoint of the fatigue safety.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (780), 145-153, 2005-01-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013712678
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7236204
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ