すべり摩擦型免震支承装置の上揚力に対する性能評価 SEISMIC PERFORMANCE OF SLIDING ISOLATION BEARINGS FOR VERTICAL MOVEMENT OF BRIDGE GIRDER

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 摩擦面を有し鉛直荷重を支持する荷重支持板と水平方向の復元力を確保する水平荷重分散装置から構成されるすべり摩擦型免震支承装置の上揚力に対する性能を評価することを目的として, 実験および数値解析を実施した. その結果, 水平荷重分散装置は, 上揚力を受けた後も桁を水平方向に原位置へ引き戻すばねとしての機能を保持することと, 引張り耐力の点からは補強鋼板を入れた積層ゴムにすることが望ましいことを確認した. 荷重支持板については, 桁が支承面に落下しても, すべり摩擦型免震支承としての機能は保持することを確認した. 数値解析結果からは, 本解析対象橋では桁の鉛直方向の浮き上がりによる発生断面力の変動は無視できることを示し, 鉛直剛性の低い水平荷重分散装置を用いれば過大な引張上揚力の作用を防げることを示した.

The verification of vertical response of bridge girders is important especially for the bridges with sliding isolation bearings, because the friction damping is not expected during the girder lifts up from the sliding bearing. This paper aims at evaluating the performance of the sliding type seismic isolation system for the vertical response of the bridges through the experiments and the numerical simulations. When the bridge girder lifts from the bearing due to the vertical response during an earthquake, the horizontal load distribution device undergoes tension force in the vertical direction, and the sliding plate undergoes impact force from the falling girder after floating. The test results and the numerical simulations show that the device holds the function as a seismic isolator even after the vertical movement of the girder.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (780), 165-179, 2005-01-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013712721
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7236221
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ