日本内陸で発生する浅い地震に関する震源スペクトルの相似性についての考察 A STUDY ON SIMILARITY OF SOURCE SPECTRA FOR SHALLOW EARTHQUAKES IN JAPAN

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

将来の大地震に対する強震動予測の際には, 地震の相似性が仮定されることが多い. 地震の相似性が成立しているとすると, 短周期震源スペクトル強度は地震モーメントの1/3乗に比例することが期待される. 鳥取県西部地域, 鹿児島県北西部地域, および宮城県北部地域で発生した地震について, K-NETとKiK-netの強震記録を解析して, 短周期震源スペクトル強度と地震モーメントの関係について調べた. その結果, これらの地震群については地震の相似性が厳密には成立していないことが明らかになった. 規模の大きい地震の方が, 単位モーメント当り, 応力降下量一定のω<sup>2</sup>モデルから期待されるよりも多くの短周期波動エネルギーを放出している.

Similarity of earthquakes is generally assumed for the prediction of strong ground motion for future large earthquakes. If earthquakes are similar, it is expected that short-period source spectral amplitude is proportional to one-third power of the seismic moment. Strong motion records at K-NET and KiK-net stations are analyzed and relationship between short-period source spectral amplitude and seismic moment is examined. Similarity is not found for the earthquakes analyzed here. Larger earthquakes radiate short-period seismic energy more effectively than smaller ones.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (780), 241-246, 2005-01-21

    土木学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013712807
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7236253
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ