ワイパーゴムの劣化を活かした新マテリアルリサイクルによる吸音材の研究 Study on Noise Absorbing Performance of Deteriorated Rubber with New Recycling Concept

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では材料の劣化を新機能と捉える新しいマテリアルリサイクルの概念を提案し, その一例としてワイパーブレードの表面劣化を活かした吸音材へのマテリアルリサイクルを検討した.ワイパーブレード単体では, 廃品は新品より約19%高い最大吸音率を示した.ワイパーを粉砕し, プレス成型したゴムディスク成型体では, 粒径1.6mm程度に粉砕したゴム粉による成型体が最も吸音材として適していることが分かった.また本成型体は, 2000Hz付近で特異的な吸音特性を示し, 一般的な吸音材料であるグラスウールより高い吸音率を示すことが分かった.

Recycling of polymers including rubber is an urgent problem from a viewpoint of both environment and economy. We suggest the new material-recycling concept that deteriorated materials can be used as a material with new other functionality. Namely, deteriorated wiper blade showed higher sound absorbing property than that of new one. When compared with glass-wool which is commonly used for sound absorbing material, molded disk of grounded wiper blade rubber showed higher noise absorbing property, especially in the 2000Hz region.

収録刊行物

  • マテリアルライフ学会誌

    マテリアルライフ学会誌 16(4), 131-135, 2004-10-31

    MATERIALS LIFE SOCIETY, JAPAN

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

  • <no title>

    SAKAO T.

    The Fifth International Conference on Eco Balance Abstract, Tsukuba Japan, Nov. 6-8 (2002), 2002

    被引用文献1件

  • <no title>

    SHIRAHASE T.

    The Fifth International Conference on Eco Balance Abstract, Tsukuba Japan, Nov. 6-8 (2002), 2002

    被引用文献1件

  • <no title>

    大田光雄編

    基礎物理音響工学, 1990

    被引用文献1件

  • <no title>

    羽矢洋

    Railway Research Review 55(9), 30-33, 1998

    被引用文献2件

  • 多孔質弾性舗装の自動車走行騒音低減効果

    大西 博文 , 明嵐 政司 , 南里 吉輝 , 高木 興一

    騒音制御 24(1), 68-76, 2000-02-01

    J-STAGE 参考文献9件 被引用文献2件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013718964
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11583427
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13460633
  • NDL 記事登録ID
    7136784
  • NDL 雑誌分類
    ZM16(科学技術--科学技術一般--工業材料・材料試験)
  • NDL 請求記号
    Z14-1501
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ