ポリシアル酸研究のための化学的手法 Chemical Tools for the Study of Polysialic Acid

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ポリシアル酸 (PSA) は、多機能バイオポリマーである。PSAは高等な無脊椎動物や脊椎動物などの真核生物、および、神経侵襲性細菌である <i>Neisseria meningitidis</i> Bのような原核生物など、広い範囲にわたって検出される。哺乳類において、PSAの発現は発生過程により制御され、神経発生、および、細胞の癌化に重要な役割を果たしている。細菌においては、PSAは毒性の原因となる。分光学的手法と免疫学的分析を組み合わせることで、PSAの構造と、その生物学的機能の関連性に対する理解が非常に深まった。天然には存在しないシアル酸類似体を含めた化学的手法の利用は、培養細胞、もしくは、<i>in vivo</i> において、PSA発現の調節を容易にした。非天然型シアル酸の利用が、髄膜炎菌、さらに、癌に対するワクチンの開発につながった。

Polysialic acid (PSA) is a versatile biopolymer. PSA can be detected in a wide range of eukaryotes, including higher invertebrates and vertebrates, and also some prokaryotes, such as the neuroinvasive bacteria <i>Neisseria meningitidis</i> B. In mammals, PSA expression is developmentally regulated and plays significant roles in both neural development and in cancer. In bacteria, PSA is responsible for virulence. Spectroscopic methods, combined with immunological analysis, have played a significant role in understanding the relationship between PSA's structure and its biological functions. Chemical tools, including unnatural sialic acid analogs, have facilitated modulation of PSA's structure in cell culture and <i>in vivo</i>. The use of unnatural sialic acids has led to the development of vaccines for meningitis and cancer.

収録刊行物

  • Trends in glycoscience and glycotechnology

    Trends in glycoscience and glycotechnology 16(91), 305-318, 2004-09-02

    FCCA(Forum: Carbohydrates Coming of Age)

参考文献:  94件中 1-94件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013731993
  • NII書誌ID(NCID)
    AA10995236
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09157352
  • NDL 記事登録ID
    7140026
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-1303
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ