成体のニューロン新生におけるポリシアル酸発現細胞 Polysialic Acid-Expressing Cells in Adult Neurogenesis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

脊椎動物の神経系では、ポリシアル酸 (PSA) はNCAMの糖鎖として同定された。PSAは主に胎生期と生後初期の脳で発現しており、ニューロンの発生において重要な機能を持っている。しかし、成体の脳でも、一群のPSA発現細胞が、例外的な2つの部位に存在している。それは海馬と前脳側脳室下帯で、そこではニューロンの新生が成体になっても続いている。この2つの成体のニューロン新生部位に存在するPSA陽性未熟ニューロンは、形態学的、生化学的、電気生理学的性質が、成熟ニューロンとは異なるとの証拠が集まりつつある。ここでは成体のニューロン新生で見られるPSA発現細胞の性質について記述し、PSAの機能について論議する。

In the vertebrate nervous system polysialic acid (PSA) has been identified as a carbohydrate portion of neural cell adhesion molecule (NCAM). PSA is principally expressed in the embryonic and early postnatal brain, and has important functions in neuronal development. However, distinct populations of PSA-expressing cells are present in two exceptional regions of the adult brain: the hippocampus and subventricular zone of the forebrain where neurogenesis continues into adulthood. The accumulating evidence has shown that the PSA-expressing immature neurons in the two adult neurogenic regions are different from mature neurons in morphological, biochemical and electrophysiological properties. Here we describe the nature of PSA-expressing immature neurons in the adult neurogenesis and discuss the function of PSA in the adult neurogenesis.

収録刊行物

  • Trends in glycoscience and glycotechnology

    Trends in glycoscience and glycotechnology 16(91), 319-330, 2004-09-02

    FCCA(Forum: Carbohydrates Coming of Age)

参考文献:  108件中 1-100件 を表示

  • 1 / 2
  • 1 / 2

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013732088
  • NII書誌ID(NCID)
    AA10995236
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09157352
  • NDL 記事登録ID
    7140374
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-1303
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ