ジシアル酸・オリゴシアル酸・ポリシアル酸の生物学的機能 Chain Length Diversity of Sialic Acids and Its Biological Significance

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

糖鎖末端には通常1残基のシアル酸が存在するが、そのシアル酸残基の上にさらに数残基のシアル酸が直鎖状に縮重合してシアル酸重合体を形成する場合がある。α2→8結合ジシアル酸 (重合度DP=2) 構造はガングリオシドの構成成分としてよく知られており、細胞接着、細胞分化、シグナル伝達、時期特異的発現など、多くの生物学的機能を果たしている。また重合度が8以上のポリシアル酸構造は神経細胞接着分子上に存在しており、発生や分化に関わることが知られている。しかし、重合度が2から7程度のジ・オリゴシアル酸構造をもつ糖タンパク質の存在や機能についてはこれまでほとんど注目されて来なかった。しかし近年、ジ・オリゴ・ポリシアル酸 (シアル酸重合体) 構造を微量検出する手法が改良され、天然にジ・オリゴ・ポリシアル酸含有糖タンパク質がこれまで知られている以上に数多く存在することが明らかにされてきている。そのため糖タンパク質上のシアル酸重合体構造が、既にガングリオシドにおいて明らかにされてきた機能の一端を担う可能性が、また従来考えられてきたこととは全く異なる新たな機能を担っていること、さらには新たなポリシアル酸の機能が明らかになってくるかもしれない。この総説ではシアル酸重合体の分析法、生合成、存在、機能における最近の知見を述べる。

Sialic acids are commonly present as monosialyl residues at the non-reducing terminal end of glycoconjugates. In some cases, α2→8 linked di/oligosialic acid chains with DP 2 or 3 sialic acid residues are common structural units of gangliosides, and involved in various biological processes, such as cell adhesion, cell differentiation, signal transduction, and surface expression of stage specific antigen. In contrast, little attention has been paid to the occurrence and functions of such short sialyl di/oligomers on glycoproteins, while polysialic acid (DP≥8) in embryonic NCAM has been extensively studied as a regulator of cell adhesion in neurogenesis. As analytical methods to detect di/oligosialic acid structures have been improved, several glycoproteins containing di/oligo/polysialic acid chains have been identified. It is thus hypothesized that these di/oligosialic acid residues on glycoproteins may have similar important functions in common with those proposed for the gangliosides or may have new functions. Currently, several studies showing the importance of di/oligosialic acid-containing glycoproteins have emerged. In this review, recent advances in such studies of di/oligosialic acid residues on glycoproteins, including analytical methods, occurrence, biosynthetic pathways, and functions, are described.

収録刊行物

  • Trends in glycoscience and glycotechnology

    Trends in glycoscience and glycotechnology 16(91), 331-344, 2004-09-02

    FCCA(Forum: Carbohydrates Coming of Age)

参考文献:  63件中 1-63件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013732197
  • NII書誌ID(NCID)
    AA10995236
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09157352
  • NDL 記事登録ID
    7140405
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-1303
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ