経皮的ラジオ波焼灼治療による肝梗塞後に胆汁性胸膜炎に至った肝細胞癌の1例 A case of hepatocellular carcinoma complicated with biliary pleuritis after liver infarction due to percutaneous radiofrequency ablation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 梅原 秀人 UMEHARA Hideto
    • 関西医科大学附属病院肝臓内科. 消化器内科 Division of Hepatology. Gastroenterology Kansai Medical University Hospital
    • 関 寿人 SEKI Toshihito
    • 関西医科大学附属病院肝臓内科. 消化器内科 Division of Hepatology. Gastroenterology Kansai Medical University Hospital
    • 玉井 徹 TAMAI Toru
    • 関西医科大学附属病院肝臓内科. 消化器内科 Division of Hepatology. Gastroenterology Kansai Medical University Hospital
    • 池田 耕造 IKEDA Kozo
    • 関西医科大学附属病院肝臓内科. 消化器内科 Division of Hepatology. Gastroenterology Kansai Medical University Hospital
    • 井口 亮輔 INOKUCHI Ryosuke
    • 関西医科大学附属病院肝臓内科. 消化器内科 Division of Hepatology. Gastroenterology Kansai Medical University Hospital
    • 中島 淳 NAKAJIMA Atsushi
    • 関西医科大学附属病院肝臓内科. 消化器内科 Division of Hepatology. Gastroenterology Kansai Medical University Hospital
    • 星野 勝一 HOSHINO Shoichi
    • 関西医科大学附属病院肝臓内科. 消化器内科 Division of Hepatology. Gastroenterology Kansai Medical University Hospital
    • 是枝 ちづ KOREEDA Chizu
    • 関西医科大学附属病院肝臓内科. 消化器内科 Division of Hepatology. Gastroenterology Kansai Medical University Hospital
    • 岡崎 和一 OKAZAKI Kazuichi
    • 関西医科大学附属病院肝臓内科. 消化器内科 Division of Hepatology. Gastroenterology Kansai Medical University Hospital

抄録

症例は65歳の男性. 肝S8肝門部の肝細胞癌に対しTAE後に経皮的ラジオ波焼灼治療 (PRFA) を施行したところ肝梗塞を合併. その後敗血症性ショックにより再梗塞を惹起. さらに胆管胸腔瘻が形成され胆汁性胸膜炎を来した. 胆管内圧の減圧を目的に内視鏡的胆管ドレナージを施行し, 瘻孔閉塞に成功したが長期間の入院加療が必要となった. 以前よりラジオ波焼灼による脈管障害は軽微と報告されているが, 時として本症例のように重大な合併症を引き起こす可能性がある. 特に脈管損傷を来しやすい肝門部に位置する肝細胞癌に対し本法を施行するに当たっては, 患者に対する術前の十分な説明と術後の注意深い経過観察が必要である. PRFAにより肝梗塞を合併し, その後胆管胸腔瘻から胆汁性胸膜炎に至った肝細胞癌の1例を経験したので報告した.

収録刊行物

  • 肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA

    肝臓 = ACTA HEPATOLOGICA JAPONICA 45(7), 366-372, 2004-07-25

    一般社団法人 日本肝臓学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013762073
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047770
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    04514203
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ