小児甲状腺癌術後20年後にリンパ節再発を認めた1例 Lymph Node Metastasis after Twenty Years from Resected Thyroid Carcinoma in Childhood

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 櫻井 健一 SAKURAI Kenichi
    • 日本大学医学部外科学講座乳腺内分泌外科部門 Division of Breast and Endocrine Surgery, Department of Surgery, Nihon University School of Medicine
    • 鈴木 昌義 SUZUKI Masayoshi
    • 日本大学医学部外科学講座乳腺内分泌外科部門 Division of Breast and Endocrine Surgery, Department of Surgery, Nihon University School of Medicine
    • 柏尾 光彦 KASHIO Mitsuhiko
    • 日本大学医学部外科学講座乳腺内分泌外科部門 Division of Breast and Endocrine Surgery, Department of Surgery, Nihon University School of Medicine
    • 榎本 克久 ENOMOTO Katsuhisa
    • 日本大学医学部外科学講座乳腺内分泌外科部門 Division of Breast and Endocrine Surgery, Department of Surgery, Nihon University School of Medicine
    • 松尾 定憲 MATSUO Sadanori
    • 日本大学医学部外科学講座乳腺内分泌外科部門 Division of Breast and Endocrine Surgery, Department of Surgery, Nihon University School of Medicine
    • 斉藤 良人 SAITO Yoshihito
    • 日本大学医学部外科学講座乳腺内分泌外科部門 Division of Breast and Endocrine Surgery, Department of Surgery, Nihon University School of Medicine
    • 天野 定雄 AMANO Sadao
    • 日本大学医学部外科学講座乳腺内分泌外科部門 Division of Breast and Endocrine Surgery, Department of Surgery, Nihon University School of Medicine
    • 根岸 七雄 NEGISHI Nanao
    • 日本大学医学部外科学講座乳腺内分泌外科部門 Division of Breast and Endocrine Surgery, Department of Surgery, Nihon University School of Medicine

抄録

症例は32歳, 女性。12歳時に甲状腺乳頭癌の診断にて甲状腺右葉切除+右頸部リンパ節郭清術を受けている (T2, N1, M0=StageI) 。術後20年目の定期検査時, 超音波検査で甲状腺左葉に直径9.8×9.2mmの粗大石灰化を含むlow echoic massを認め, 直径10mm程度の左頸部リンパ節の腫大を数個認めた。CTでも残存甲状腺内に同様の所見を認め, 気管前面に腫大したリンパ節を認めた。リンパ節の穿刺吸引細胞診を施行したところ, Class IVであった。以上より, 残存甲状腺の腫瘍とリンパ節転移と診断し, 残存甲状腺全摘術+左頸部リンパ節郭清術を施行した (Tx, N1b, M0=stage I) 。リンパ節の病理組織診断は乳頭癌であったが, 残存甲状腺腫瘍はcalcifying noduleの診断であった。術後経過は良好であり, 第6病日に退院した。頻度が稀で, 比較的予後の良いことで知られる小児甲状腺癌であるが, 本症例のごとく20年後にリンパ節再発をきたすことがあるので, 長期にわたる経過観察が重要であると考えられた。

収録刊行物

  • 日本外科系連合学会誌

    日本外科系連合学会誌 29(5), 862-866, 2004-10-30

    日本外科系連合学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013764200
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00002502
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03857883
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ