潰瘍性大腸炎に対する surveillance colonoscopy にて偶然発見された直腸微小カルチノイドの1例 A Case of Rectal Microcarcinoid Incidentally Detected by Surveillance Colonoscopy for Ulcerative Colitis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

潰瘍性大腸炎のsurveillance中に偶然発見された直腸微小カルチノイドの極めて稀な1例を経験したので免疫組織学的検討に加えて報告する。症例は31歳, 男性。19歳時に発症した慢性持続型潰瘍性大腸炎に対し, mesalazine, salazosulfapyridineによる内服治療を行っていた。1年に1回の頻度で大腸内視鏡によるsurveillanceを行っていた。今回のsurveillanceで歯状線により約3cm口側の直腸粘膜の生検より, 偶然カルチノイドの診断を得た。再検査時には病変部を同定できないこと, 潰瘍性大腸炎のコントロールも不良であったことから, 大腸亜全摘・回腸嚢肛門管吻合を施行した。摘出標本で下部直腸に径5mm大のカルチノイドを認めた。大腸粘膜のp53 over expressionを免疫組織学的に検索したところ, 炎症所見が著明でdysplasticな変化を示す部位ではp53のover expressionを認めたものの, カルチノイド周囲では認めず, カルチノイドの発生と潰瘍性大腸炎に伴う大腸粘膜のp53 over expressionとの関係は否定的と考えられた。

収録刊行物

  • 日本外科系連合学会誌

    日本外科系連合学会誌 29(5), 902-906, 2004-10-30

    日本外科系連合学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013764308
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00002502
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03857883
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ