最急降下法を用いた動きベクトル検出における局所解の回避とその効果 Improvement of Local Minima Problem and Its Effectiveness for Motion Vector Detection Using Steepest Descent Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文では,勾配法の一種である最急降下法を用いた高速な動きベクトル検出アルゴリズムを提案する.提案法では,勾配法を用いた動きベクトル検出法における大きな問題点である局所解問題に対して,適応的な初期値設定法と階層化手法の適用による改善を行う.シミュレーションにより,適応的初期値設定法と階層化手法を適用することで,局所解への陥りを低減できることを示し,提案手法の予測特性および演算量を他の手法と比較し,動きベクトル検出法としての有効性を示す.In this paper, we propose a fast motion vector detection algorithm using steepest descent method which is one of gradient methods. Proposed method is capable of avoiding the local minima problem by employing adaptive initial vector setting and hierarchical algorithm, and obtaining improvement of prediction performance. From simulation results, we compare prediction performance and computational complexity with other methods, and show effectiveness of the proposed method.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 45(11), 2528-2531, 2004-11-15

    情報処理学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013765544
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • NDL 記事登録ID
    7148992
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-741
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  IPSJ 
ページトップへ