バルク乳中抗体の検出による牛ウイルス性下痢ウイルスの浸潤状況調査 Detecting the Neutralizing Antibody in Bulk-milk Whey To Investigate Prevalence of Infection with the Bovine Viral-diarrhea Virus

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

北海道の2地区196軒の酪農家からのバルク乳の乳清を用いたウィルス中和試験により、牛ウィルス性下痢ウィルス(BVDV)の浸潤状況を調査した。検査対象とした2地区は、バルク乳からBVDV遺伝子が検出されたA地区151軒と検出されなかったB地区45軒である。検査の結果、BVDV遺伝子検出の有無にかかわらず166軒(166/196=84.7%)の酪農家の検体が16倍以上の中和抗体価を示した。また、そのうち疫学情報の入手が可能であった132軒中、64軒(48.5%)では過去にBVDV感染が摘発されたことがなく、ワクチン接種歴もなく、かつ自家生産牛のみの牛群であった。以上からこれらの地区には、感染経路は不明であるかBVDVが広く浸潤していることが明らかとなり、本感染症を牛群から清浄化するためには長期的な監視が必要であると考えられた。

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 57(11), 705-709, 2004-11-20

    日本獸医師会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013775978
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    7147552
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ