超低温貯蔵による籾の長期品質保持 Preserving Quality of Rough Rice Stored for Long Period by Super-low-temperature Storage

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

超低温貯蔵の長期間の品質保持効果を確かめるため, 籾を4年間にわたり氷点下で貯蔵する基礎試験を行った。その結果, 貯蔵温度5℃以下での籾貯蔵では, 4年にわたる長期間でも貯蔵前の品質や食味を保持できることが明らかになった。本試験の結果および実用規模の施設で超低温貯蔵試験を行った結果から, 貯蔵期間中の平均穀温を5℃以下に保つことにより, 長期間にわたる籾の品質保持が可能であると考えられる。

An experiment in which rough rice was stored below ice point for 4 years was carried out to determine whether it was possible to preserve the quality of rice stored for a long period by super-low-temperature storage. The results of the experiment showed that the quality of rough rice after storage for 4 years under 5°C was comparable to that of rice before storage. The results of this experiment and the results of the experiment in which rough rice stored below ice point in farm-scale silos indicate that preservation of the quality of rough rice for long time is possible by storing rice at an average temperature under 5°C during storage.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌

    農業機械學會誌 66(6), 51-59, 2004-11-01

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013776280
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    7146290
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ