産業用無人ヘリコプタを用いた農地情報のリモートセンシングシステム(第2報) : 画像データの3次元マッピング Development of Remote Sensing System Using an Unmanned Helicopter (Part 2) : 3-dimensional field map generation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目標は産業用無人ヘリコプタから作物及びほ場情報をセンシングできるシステムの開発にある。地表高度が一様のほ場をセンシングする場合, 機体の位置や姿勢を用いればヘリコプタから取得した画像を高精度に絶対座標系へ変換できる。しかし, 傾斜や凹凸を含むほ場では高精度を維持できず, 地形を考慮したシステムでなければ有効ではない。本研究ではレーザ距離計を採用することで地形測量も併せて行い, 取得された地形をもとにセンシング画像を3次元マッピングできるアルゴリズムを考案した。傾斜を含むほ場で地形データ及び画像を取得し, 精度評価を行った結果地形測量精度は9cm, 画像マッピングの空間精度が41cmを得た。最後に, ほ場の3次元マップを生成することでシステムの有効性を実証した。

The objective of this study is to develop a remote sensing system that can generate a map regarding crop status and field information using an unmanned helicopter. The obtained image can be transformed to the global coordinate using the helicopter's position and posture if a sensed field has flat terrain. However, if the field has some inclinations, it is necessary to consider field terrain characteristic to maintain an accuracy of image mapping. In this research, a single axis laser range finder was adopted to obtain a field terrain information and the 3-demonsional image mapping algorism was developed. As a result of the field experiment, this system could generate a topographic map with 9cm error, and 3-dimensional image map with spatial error of 41cm.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌

    農業機械學會誌 66(6), 67-74, 2004-11-01

    農業食料工学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013776306
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    7146328
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ