知的作業支援のための手振り認識 Hand Gesture Recognition for Intelligent Support in Agricultural Field

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

農作業現場において作業者と対話できるシステムを構築することは, 作業者と機械が協調して作業を行う作業体系を実現する上で重要である。本稿では, 作業者が機械と手振り動作を用いて対話を行う方法について検討し, 圃場のような複雑な撮影環境下においても手振りが認識できる手法として, フレーム間差分を用いて求めた動物体すべての移動軌跡から, 円弧往復運動を行う軌跡のみを抽出することにより手振り動作を認識する方法を提案した。実験では, 被験者6人に対して, 背景が一定でなく, 影の影響がある自然環境下において認識を行ったが, 画像中の被験者の大きさが約60% (300画素) で, 手の振る速さを約1秒に1回に設定すれば, 2回の手振りで手を振っていると認識することができた。しかし, 画像中の被験者の大きさが30%, 20%のように小さい場合や, 手の振る速さが2秒に1回と遅くなると, 認識することが困難になったことから, より安定した認識方法について検討する必要があった。

The development of a communication system between workers and machines is effective to achieve an intelligent working system in collaboration with machines in agricultural field. In this paper, we developed a hand gesture recognition method as one of communication methods, which could extract and track moving objects by inter-frame difference method, and could detect and recognize the arc of the hand gesture. The hand gestures of six tested subjects in natural scene were recognized experimentally. When the size of the tested subject to the image height was about 60% and the speed of hand gesture was about once in a second, the method could recognize the hand gesture if only test subjects could gesture two times. The development of a robust recognition method against both the case that the size of a worker to the image height was too small such as 30%, 20%, and the case that the speed of hand gesture such as once in two seconds was too slow was essential to apply to real situation.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌

    農業機械學會誌 66(6), 86-95, 2004-11-01

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013776324
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    7146395
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ