レーザ変位計による土壌破砕度計測システムの構築 : レーザ変位計出力とロータリ耕うん効果の関係の解明 Development of Soil Clod Fineness Measuring System by Using a Laser Displacement Sensor : Clarification of Relationship between Tillage Effect and Laser Displacement Sensor Output

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, ロータリ耕うんによる既耕うん土壌の土壌破砕度を, 非接触かつ非破壊で計測する技術の確立を目的とした。センシングデバイスとしてレーザ変位計を利用した定置型表面凹凸計測装置を作製した。土の表面凹凸データより土壌破砕度の指標を導出し, 加重粒径平均 (MWD) との関係を解明するための較正実験を行い, ついで, 圃場において耕うん実験を行った。その結果, 表面凹凸から得られた粗さ指標 (Roughness) とMWDは線形関係を示すことがわかり, レーザ変位計の出力から土壌破砕度の推定が可能であることが確認された。

The objective of this study is to develop a tilled soil clod fineness measurement method that uses non-contact and non-distractive technique. A laser displacement sensor was adopted as a sensing device, which was installed to an irregularity measuring system stationary set up for this study. We calculated an index of soil clod fineness from measured irregularity data. To obtain a relationship between laser displacement sensor outputs and tilled clod size, we did a calibration experiment in the laboratory. We then applied our system to a tilled soil experiment in a field.<br>As a result, it is confirmed that clod size and index of soil clod fineness (i. e. Roughness) calculated from irregularity data shows a linear relationship.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌

    農業機械學會誌 66(6), 96-102, 2004-11-01

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013776335
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    7146423
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ