リアルタイム土壌スペクトル計測の精度評価 Stability and Availability of Real-time Soil Spectrophotometer

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

リアルタイム土中光センサの試作を行い, 反射スペクトルの連続計測における観測精度と安定性について検討した。その結果, 550-1,650nmの波長領域では安定した土壌反射スペクトルが得られることを確認した。またほ場実験により入射及び受光センサプローブと土壌観測面との距離を観測し, 857観測点における平均距離86mm, 標準偏差3.3mmを得た。入射および受光シミュレーションの結果, 観測距離55-90mmが安定した反射スペクトルを得る条件であることを示すとともに, 見かけの吸光度は観測距離の影響を受けることを解明した。土壌成分推定には, 本装置独自の検量線が必要であることを示した。

The stability and availability of soil reflectance records were evaluated using a modified real-time soil spectrophotometer. The results clarified that the reflectance was usable in the wavelength range of 550-1650nm. Using the 857 bits of scanning data obtained from the field experiment, the mean of distances between the soil and the sensor probes was estimated to be about 86mm with 3.3mm standard deviation. Simulations of illumination and reflection indicated that a distance of 55-90mm can provide a stable condition to get correct soil reflectance, and that a variation of the distance can affect the apparent soil absorption of light energy. Correct estimation of soil parameters requires distinctive calibration models for the soil spectrophotometer.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌

    農業機械學會誌 66(6), 113-121, 2004-11-01

    農業食料工学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013776350
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    7146466
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ