コンバイン用インパクト式穀粒流量センサ Impact Type Grain Flow Rate Sensor for Combine

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

コンバインに取り付けて収量を計測するため, 穀粒流量センサの開発を行った。開発した流量センサは, 穀粒がセンサに衝突したときの力を検出して流量を推定するインパクト式である。本報では, 4条刈自脱コンバインを供して, 揚穀オーガからグレーンタンクに排出される穀粒流量を計測した。室内実験によって, 穀粒流量0.1~1.6kg/sの範囲でセンサを較正した。この結果, センサ出力と穀粒流量の問の決定係数は, 小麦で0.995, モミで0.993であった。次に, 収穫作業により収量を推定する実験を行ったところ, センサで推定した質量とロードセルで計量した質量の間には高い相関があり, 決定係数は小麦で0.945, モミで0.986であった。

A grain flow rate sensor for a combine harvester was developed to measure the grain yield. This sensor installed at the end of a grain auger of a four-row heed-feeding combine detects the force that occurred when the grain flows into a grain tank. Indoor tests were conducted to determine the relationships between the sensor output signal and the grain flow rate using wheat and unhulled rice. The results showed that the coefficients of determination with respect to wheat and unhulled rice were 0.995 and 0.993, respectively. In addition, field tests were conducted to estimate the total grain mass harvested by the combine with the flow rate sensor. The sensor could determine the total grain mass at the coefficients of determination 0.945 and 0.986 in the case of wheat and rice.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌

    農業機械學會誌 66(6), 145-151, 2004-11-01

    農業食料工学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013776392
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    7146544
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ