ハムスター分離腸細胞におけるイリノテカン(CPT-11)とその代謝産物の吸収機構の解析 CELLULAR UPTAKE AND TOXISITY OF IRINOTECAN AND ITS ACTIVE METABOLITE, SN-38 IN HAMSTER INTESTINE

この論文をさがす

著者

    • 松崎 靖司 MATSUZAKI Y.
    • 筑波大学臨床医学系 消化器内科 Div. of Gastroenterology, Institute of Clinical Medicine, University, of Tsukuba
    • 池上 正 IKEGAMI T.
    • 筑波大学臨床医学系 消化器内科 Div. of Gastroenterology, Institute of Clinical Medicine, University, of Tsukuba
    • 田中 直見 TANAKA N.
    • 筑波大学臨床医学系 消化器内科 Div. of Gastroenterology, Institute of Clinical Medicine, University, of Tsukuba
    • BOUSCAREL B.
    • ジョージ・ワシントン大学 消化器科 Div. of Gastroenterology and Nutrition, Dept. of Medicine, The George Washington University

収録刊行物

  • 消化と吸収

    消化と吸収 22(2), 155-160, 2000-01-30

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013808154
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00314946
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    03893626
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ