瀬戸内海から単離した Thraustochytrium (ラビリンチュラ類)による有用物質生産 Production of Useful Substances by the Protist Thraustochytrium (labyrinthulids) Isolated from the Seto Inland Sea

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<I>Thraustochytrium</I>を工業的に利用するため, 瀬戸内海から単離した色素を含んでいる<I>Thraustochytrium</I>CHN-1の培養と化学分析で有用物質組成を検討した. その結果, この微生物はC/Nが20を示し, 他の海洋微生物に比較して炭素に富み, 脂質が半分を占めることが分かった. 脂質を構成している脂肪酸は大部分がC22: 6とC22: 5からなる中性脂質であった. この脂質画分に遊離のアスタキサンチンとコレステロールを含有していた. 糖成分はガラクトースが多いことが特徴であった. ビタミンはビオチンニコチン酸アミド, ビタミンCが多かった. 今後, これらの特徴的な有用物質は動物への飼料や養殖魚への餌料などの利用が考えられる.

From an industrial viewpoint, the pure culture of the protist <I>Thraustochytrium</I> sp.CHN-1 (labyrinthulids) isolated from the Seto Inland Sea was cultivated and chemical analysis was performed to clarify itscomposition of useful substances (pigments, fatty acids, amino acids, monosaccharides and sterols).These results showed that <I>Thraustochytrium</I> sp. CHN-1 has a higher C/N value than other marine organisms, that it is carbon-rich and is composed of half lipids.Fatty acids that constitute the lipids were mostly C18: 1, C22: 6 and C22: 5. The lipid fraction contained free astaxanthin and cholesterol.Carbohydrates were characterized by the abundance of galactose. Regarding vitamin content, it was rich in biotin, nicotinamide, and vitamin C. In the future, the characteristic composition of useful substances can be used in determining feed for animals, aquaculture, and so on.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 59(1), 32-39, 2005-02-01

    日本海水学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013810986
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    7241808
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ