水質浄化に使用したリン吸着コンクリートの藻礁への再利用 : アンモニウムイオン・リン酸イオンを保持したモルタルの海水中における生物膜成長状況 Reusing of Phosphorous Adsorption Concrete for Seaweed Beds after Used for Water Purification : Growth of Biofilm on Mortars with Ammonium Ion and Phosphate Ion in Seawater

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 桑原 智之 KUWABARA Tomoyuki
    • 島根大学 生物資源科学部 生態環境科学科 Department of Biological Science, Faculty of Life and Environmental Science, Shimane University
    • 佐藤 周之 SATO Shushi
    • 島根大学 生物資源科学部 地域開発科学科 Department of Regional Development, Faculty of Life and Environmental Science, Shimane University
    • 野中 資博 [他] NONAKA Tsuguhiro
    • 島根大学 生物資源科学部 地域開発科学科 Department of Regional Development, Faculty of Life and Environmental Science, Shimane University
    • 有田 直美 ARITA Naomi
    • 島根大学 生物資源科学部 生態環境科学科 Department of Biological Science, Faculty of Life and Environmental Science, Shimane University
    • 佐藤 利夫 SATO Toshio
    • 島根大学 生物資源科学部 生態環境科学科 Department of Biological Science, Faculty of Life and Environmental Science, Shimane University

抄録

リン吸着コンクリートは水中から肥料成分であるリンを吸着する. したがって, リン吸着コンクリートは一般的なコンクリートとは異なり, 他用途へ再利用されることが期待できる. そこで, 供用期間が終了したリン吸着コンクリートを藻礁として再利用する可能性について検討するため, あらかじめリン酸イオンと同時にアンモニウムイオン, 鉄, ケイ素を保持させた薄片モルタル供試体を海水に浸漬し, 形成された生物膜の成長量とエステラーゼ活性を測定した.<BR>アンモニウムイオン・リン酸イオンを吸着した供試体の生物膜量は実験開始から増加し, コントロールよりも多くなった. さらに, アンモニウムイオン・リン酸イオンを吸着した供試体における付着藻類量は64日後から著しく増加した. 特に, 鉄を含有する鋳物廃砂を配合した供試体の生物膜量と付着藻類量は他の供試体に比べ多くなった. これらの結果より, アンモニウムイオン・リン酸イオンを吸着した供試体は生物膜を増加させ, さらに鋳物廃砂を配合することで生物膜の成長が促進されることが示された.<BR>したがって, リン吸着コンクリートは供用期間が終了した後に人工藻礁として再利用できる可能性が高く, また鋳物廃砂を配合することで藻礁としての再利用性は向上するといえる.

Phosphorous adsorption concrete can adsorb phosphate ion, a fertilizer element, from water.It is believed, therefore, that phosphorous adsorption concrete can be reused for other needs different from general concrete.We examined the possibility of reusing phosphorous adsorption concrete after the end of It's service life as seaweed beds.In order to evaluate the biofilm development of phosphorous adsorption concrete, thin leaf mortar specimens holding nitrogen, iron and silicon together with phosphate ion were soaked in seawater, and the amounts of biofilm and adherent algae on those specimens were measured.<BR>The amounts of biofilm on specimens holding ammonium ion and phosphate ion increased from the start and were larger than on the control.And the amounts of algae on specimens holding ammonium ion and phosphate ion increased remarkably after 64 days.In particular, biofilm and algae amounts on specimens with a mixture of waste molding sand<BR>including iron were large compared to other specimens. These results show that thin leaf specimens with ammonium ion and phosphate ion have a biological adhering effect.And the biofilm developments of thin leaf specimens are increased by mixing in waste molding sand. Thus, it is feasible to reuse phosphorous adsorption concrete as artificial seaweed beds after the end of It's service life. And the reuse ability of phosphorous adsorption concrete for seaweed beds is increased by mixing waste molding sand.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌

    日本海水学会誌 59(1), 49-56, 2005-02-01

    日本海水学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013811039
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    7241835
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ