TDR法を使った不飽和土壌中における水分・硝酸態窒素含量の測定 MEASUREMENT OF WATER AND NITRATE CONTENTS IN UNSATURATED SOIL USING TIME DOMAIN REFLECTOMETRY

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

硝酸態窒素 (NO<sub>3</sub><sup>-</sup>-N) による地下水汚染が広がりつつあるが, どのような経路を辿って地下水に到達しているのかの解明は余り進んでいない. 地下水までの経路に当たる地下水面より上部に位置する不飽和土壌中では, 降雨と蒸発散によって水分量が絶えず変化している. 従って, 土壌水に溶解しているNO<sub>3</sub><sup>-</sup>-Nも複雑な挙動をしていると推察される. 1980年代に開発された電磁波によって土壌中の水分量と電気伝導度を測定するTime Domain Reflectometry (TDR) 法を使って, 家畜ふん尿を還元している牧草畑の黒ボク土中における水分量とNO<sub>3</sub><sup>-</sup>-N量の両方の経時変化を現地において測定した. 本試験地において, ある降雨イベントによる水分の40 cm以深への浸透を検知したが, NO<sub>3</sub><sup>-</sup>-Nの10 cm以深への到達は検知しなかった.

Although nitrate (NO<sub>3</sub><sup>-</sup>) contamination of groundwater has been broadly detected, determinig NO<sub>3</sub><sup>-</sup> pathways to the groundwater still remains a challenge. In unsaturated soil, where NO<sub>3</sub><sup>-</sup> moves through, sitting over the groundwater table, soil water content always changes due to rainfall and evapotranspiration. Thus, it is speculated that behaviors of NO<sub>3</sub><sup>-</sup> dissolved in soil water might be complex in unsaturated soil. Using time domain reflectometry (TDR) we <i>in situ</i> measured temporal changes in water and NO<sub>3</sub><sup>-</sup> contents in Andisol applied with animal manure. On a rainfall event, water infiltrated into greater than 40 cm deep whereas NO<sub>3</sub><sup>-</sup> just reached as deep as 10 cm from the soil surface.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (783), 15-21, 2005-02-22

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013814937
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7271605
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ