事業者のマネージメントにおける温暖化対策の評価システム ORGANIZATIONS MANAGEMENT AND BUSINESS MODEL FOR GHG REDUCTION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

中小企業などによる温暖化物質削減対策への新たな取り組みに資するため, 企業などの組織マネージメントにおける対策導入の位置付けと評価について簡便な考え方を提示し, 削減目標を確実に達成するための回帰手法と比較可能な合理的指標を用いた対策評価式の実用化システムを提案した. また, 土木建設材料を供給する製造業の事業者を対象としてケーススタディを行い, 削減対策評価の運用事例およびその結果を用いたマネージメント指標による評価例を具体的な数値を用いて明らかにした. これにより, 新たに提案した対策技術評価システムの運用プロセスと企業マネージメントにおける位置付けを検証し, とりわけ, CO<sub>2</sub>削減対策がエネルギー節約によって他のリスク対策などを考慮してもプラス側面になることを明らかにした.

For taking measures to reduce greenhouse gas emission in small-to-medium-sized enterprises, it is discussed about how to evaluate their performance in management of the enterprises in this paper. In addition to a new assessment with a “spiral checking and feedback system”, a new management based on this assessment is proposed for reasonable evaluation of the taking measures and the CO<sub>2</sub> reduction. A quantitative case study is conducted according to procedure and estimation of the above method for a company manufacturing construction materials. This study reveals that the saving of energy cost, which is attained by the suitable taking measures, brings about a effective profit to the manufacturer.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (783), 39-50, 2005-02-22

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013814983
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7271624
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ