火山礫を用いたポーラスコンクリートのヒートアイランド現象抑制効果に関する検討 STUDIES ON CONTROL EFFECT OF HEAT ISLAND PHENOMENON BY POROUS CONCRETE USED LAPILLI

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文は, 軽量で吸水率の大きい秋田県産火山礫を用いたポーラスコンクリートの基礎物性とヒートアイランド現象を抑制する機能を評価する指標, 適切な配合および温度低減効果を普通コンクリートと比較した上で明らかにしたものである. このコンクリートの単位容積質量は, 普通コンクリートの1/2以下であり, 圧縮強度は2N/mm<sup>2</sup>と低強度であるが, 乾湿繰り返しによる耐久性の低下は明確には認められなかった. 放水率の経時変化から求められる初期放水速度が最大となるペースト粗骨材容積比の存在が認められ, この配合を用いた平版の屋外暴露試験を実施した結果, 断面中心温度および平版表面の気温が普通コンクリートより1~9℃低く, 気化潜熱に起因する気温低減効果を有することを熱収支計算により明らかにした.

In this study, the material properties, an index to evaluate the control function of heat island phenomenon, an appropriate mix proportion and temperature reduction effect of the porous concrete with 20 to 40% of void ratio used the lapilli which was lightweight and high absorption produced in Akita prefecture were clarified. The mass of unit volume of this concrete was about under half of ordinary concrete and compressive strength was 2N/mm<sup>2</sup> but it was durable in the drying-wetting cycle test. There existed a paste coarse aggregate volume ratio having the maximum initial evaporation rate which was obtained from relationship between elapsed time and evaporation ratio. From the outdoor exposure test results and heat balance calculation, it was clarified that the temperature in the center of the cross sectional area and on the surface of the porous concrete plate manufactured by this mix proportion was 1 to 9 °C lower than that of ordinary concrete plate and this concrete had temperature reduction effect due to vaporization latent heat.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (781), 133-143, 2005-02-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013815216
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7271714
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ