反射電子像の画像解析による鉱物質混和材混入セメントペーストの細孔構造の解明 COARSE CAPILLARY PORE STRUCTURES AND PHASE CONSTITUTION IN CEMENT PASTE WITH MINERAL ADMIXTURES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

反射電子像の画像解析法とPowersモデルを組合せ, さらに選択的溶解法により求めたポゾラン反応度を使用して, シリカフュームおよびフライアッシュを混入したセメントペーストの内部組織構成相を求めた. ポゾラン反応が進行することにより, 全毛細管空隙量に対する粗大な毛細管空隙量の割合が増大する. 細孔構造と圧縮強度の対応から, 強度発現には粗大な毛細管空隙量の減少が重要である. また, 混和材を用いた場合もゲル空隙比説の適用が可能であるが, セメントペーストの圧縮強度の発現には粗大な毛細管空隙量および微細な毛細管空隙量の相対的な割合が重要な役割を果たすため, 混和材を混入すると粗大な毛細管空隙の割合が増大し, 同一ゲル空隙比であっても強度は低くなる.

Capillary pore structures in cement pastes with mineral admixtures were revealed by a combination of SEM-BSE image analysis and calculations based on the Powers' model. Degrees of pozzolanic reaction were evaluated by the selective dissolution method. In cement pastes with silica fume and fly ash, the volume ratio of large capillary pores to the total porosity were increased. The gel/space ratios of cement paste with mineral admixtures were not consistent with the evolution of compressive strength at long ages. This fact suggests that the compressive strength is influenced by not only the total porosity but also the volume ratios of coarse pores to the total porosity.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (781), 145-155, 2005-02-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  30件中 1-30件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013815225
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7271725
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ