タンクモデル定数の同定における安定性の導入 STABILITY IMPROVEMENT IN PARAMETER IDENTIFICATION OF THE TANK MODEL

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文は, 代表的な集中型流出モデルであるタンクモデルにおいて, モデル定数の安定性および流出解析の精度の安定性を向上させるための手法を検討するものである. タンクモデルは, その定数の多さと柔軟性が原因となり, 特定の流域に対して最適な定数を一意に決めることが困難である. また, 定数の不安定さは長期流出解析における精度の不安定さをひきおこす. 本論文では, モデルの自由度を制限しつつ物理的な忠実度を向上させるために新たな制約条件をモデルに追加した. その結果, この新たな条件の導入によりモデルの安定性が向上し, 適切な制約条件を追加することによって, 短期間のデータからでも安定した定数を同定することが可能となることを示した.

This paper presents the method to improve the stability of model parameters and accuracy of the tank model. The tank model includes so many parameters and high flexibility that it is difficult to identify the unique and best parameter for a certain watershed. This instability of model parameters causes instability of accuracy in long-term analysis. To decrease the flexibility and increase the physical fidelity of the model, new restriction conditions are introduced into the parameter identification process. This new condition could improve stability of the model considerably. The result suggests that stable parameters can be identified even from short-term data set by using appropriate restriction conditions.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (782), 1-10, 2005-02-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013815336
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7271520
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ