差分連成ランダムウォーク法による不圧帯水層のDNAPL移行解析と現地適用 DNAPL TRANSPORT ANALYSIS BASED ON A COUPLED TVD FINITE DIFFERENCE WITH RANDOM WALK MODEL AND ITS APPLICATION TO FIELD SITE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

トリクロロエチレンなどのDNAPL (Dense Non-Aqueous Phase Liquid:水より重い難水溶性液体) による土壌・地下水汚染の研究が盛んになり, その成果が浄化対策に活かされている. 著者らは, 室内モデル実験によりDNAPL浸透を可視化・計測し, フィンガー成長過程を定式化の上, 比較・検証した. その知見にもとづきDNAPL原液を重力沈降する液滴粒子としてランダムウォーク法で表現し, 粒子の空隙内残存過程をモデル化して, 高精度TVD (Total Variation Diminishing) 差分スキームによるDNAPL溶液の移流分散方程式と組み合わせた, 新しい移行解析モデル―差分連成ランダムウォーク法 (FD-RWM) ―を提案する. これを汚染現地に適用し, 汚染範囲にわたるDNAPL溶解量, 帯水層への浸入量, 残存量を算定することにより, 手法の有効性を確認した.

Upon the recent progress of numerical modeling techniques, prediction of DNAPL transport and its application to field sites have posed the possibility of remediation and measures against groundwater contamination. In the study, a coupled TVD finite difference with the random walk model is applied for analyzing migration of dissolved and undissolved DNAPL with entrapment. The mechanism of DNAPL fingering and dispersion processes is illuminated and simulated on numerical analyses. As a resulte, the validity of the proposed model is well confirmed based on laboratory experiments and filed site data.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (782), 11-30, 2005-02-21

    社団法人土木学会

参考文献:  56件中 1-56件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013815349
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7271534
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ