土木学会「超高強度繊維補強コンクリートの設計施工指針(案)」の概要 Outlines of JSCE "Recommendations for Design and Construction of Ultra High Strength Fiber Reinforced Concrete Structures (Draft)"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

土木学会より「超高強度繊維補強コンクリートの設計・施工指針 (案) 」が発刊された。超高強度繊維補強コンクリートは, 圧縮強度150N/mm<SUP>2</SUP>以上, 引張強度が5N/mm<SUP>2</SUP>以上と超高強度であり, さらに耐久性も通常のコンクリートに比べ格段に優れた材料である。指針案には超高強度繊維補強コンクリートを用いた構造物の構造性能, 耐久性の照査方法および施工に関する諸規定が示されている。構造性能の照査においては, 超高強度繊維補強コンクリートの引張特性を考慮する点が, また耐久性照査においては, 設計耐用期間として100年を採ることが可能であり, 通常はコンクリート自体が高耐久であるため, 耐久性の照査を簡略化できる点が特徴である。

The research report has been published as “Recommendations for Design and Construction of Ultra High Strength Fiber Reinforced Concrete Structures, -Draft (2004).” by Concrete Committee of Japan Society of Civil Engineers (JSCE). Ultra high-strength fiber reinforced concrete (hereafter called “UFC”) has far greater compressive (>150 N/mm<SUP>2</SUP>) and tensile strength (>5 N/mm<SUP>2</SUP>) than ordinary concrete. The recommendations prescribe a procedure for examining safety and serviceability performance, which differs from the conventional design system for reinforced concrete, in consideration of the resistance to tensile stress of UFC. The structures using UFC are expected to demonstrate high durability. The recommendations determine that the standard lifespan is 100 years under normal conditions and the examination of many items regarding durability is not required. Since UFC has a self-compacting ability, the vibration for compaction is not required in casting and molding. The recommendations have provisions for unique and important notices in construction because UFC contains reinforcing fibers.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal

    コンクリート工学 = Concrete journal 43(3), 3-8, 2005-03-01

    日本コンクリート工学協会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013816812
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    7268018
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ